新着情報

◆2016/02/05
MBAを取ってよかった事の情報を更新しました。
◆2016/02/05
会社プロフィールの情報を更新しました。
◆2016/02/05
MBA取得後は給料が上がるの情報を更新しました。
◆2016/02/05
人脈のネットワークが構築されるの情報を更新しました。
◆2016/02/05
サイトマップを新規投稿しました。

MBAを取ってよかった事

MBAをとってよかったと思えることはどのようなことなのでしょうか。
ここではMBA取得のメリットについて見ていきましょう。

貴重な時間をかけて

MBAを取得するとなると貴重で忙しい時間の合間を縫って受講することになります。そのような貴重な時間と、そしてお金をかけて取得するからには何かメリットがなければいけないと思います。これまでは給料がアップする、もっと高いポジションの付けるなどのことをメリットとして取られて、そのためにMBAを取得するという人も増えていた時代もありました。それを目的にいまの自分の仕事を中断してまで海外に留学をするという生活を180度変えるようなことをしてきた人も多かったのではないでしょうか。

いまは日本で取得できる

uilugthrs
以前は海外に行かなければ取得することは難しかったのですが、現在では日本国内でもMBAは取得可能です。そのために自分の仕事屋その分野に役立てるように取得するという目的で受講をしている人も増えています。MBAを取得する目的は人によって違いがあるかと思いますが、本来の目的としては経営について尻、経営者の視点で考えを決定することができる力を身に付けることが目的です。それだけでなくモチベーションのアップ、モチベーションの溢れている人材や人脈のネットワークを築いてそれを仕事に対して活かしていくというのも目的と言えるでしょう。それが結果的に給料のアップやキャリアのアップにつながるのかもしれません。

本人のキャリアの延長線上

MBAを取得して得られることというのはほかにも色々とあるかもしれません。しかし共通して言えることは本人のキャリアの延長線上にそれらは基本的には存在しているということです。それ以外の何者でもないのです。給料にしても、キャリアアップにしても、全てその人がもともと持っている、もしくはいま身につけたMBAによるキャリアに基本的にはあるものなのです。そしてそれに伴って人脈のネットワークも構築されていくと言えるでしょう。どんどん人脈のネットワークが増えていくことに対してこれまでとはビジネスの視点も違って幅広い世界で活躍することができるようになります。異業種や異文化の中でビジネスをすることもできるかもしれませんので、その中でまた一つ自分が成長できることが見つかるかも知れないというメリットもあります。

キャリアアップはどのように変わる?

xtrshts
キャリアアップのパターンは人によってもちろん違いがあるのですが、例えばパターンとしては、社内の選抜から社内昇進をすることになったというケース。そして転職をして全く新しい場所でキャリアアップをするというケース。コンサルティングチームや金融業界への転職、自分でビジネスを起業するといったキャリアアップの形があります。実際にあった事例を紹介するとAさんは大手の商社勤務でしたが、そこから社内のベンチャー起用の責任者になりました。Bさんも大手銀行勤務から外資系の投資信託会社へ転職しています。ベンチャーマーケティングに勤めていたCさんは外資系の会社に転職することになりました。このように人それぞれMBAを取得してからのキャリアアップのスタイルは違いがあるかもしれませんが、それぞれに自分のキャリアをベースにして確実に変わっているのです。それがMBAを取得して良かった点と言えるのではないでしょうか。
MBAを取得して良かった点を考えるのならキャリアをベースにして様々なメリットがあると言えるでしょう。